mission.png

ぼんやりと構想が見えた瞬間を今でも思い出す。

共同体のなりたちについて、本を読んでいた時のこと。

 

「 縄張りに入ってきた部外者と友好を深めるためには、

一緒に食事をするのがいちばんだ。

地球上のすべての民族が、根源的にこの慣習を持っている。」

 

そんな一節に出逢った。

なるほど、シンプルかつ具体的だと思った。

共食の儀礼は、絆を深める。

同時に食べはじめ、同時に食べおわることは、

いわば、生きる動作のキャッチボールだ。

 

いよいよ、世界は変わると思う。

みんなで食べることが、また“ふつう”になるのだ。

さぁ、もう一度、食卓からつながる時代をはじめよう。

 

2018.3.16

共同代表

 
name.png